工藤静香の昔が可愛すぎた!芸能界で頭角を現すまでを追った!

芸能
スポンサーリンク

工藤静香さんといえば、キムタクこと木村拓哉さんの奥さんとして、さらにフルート奏者として活躍されているCocomiさんやモデルKokiさんのお母さんとしても知られる女性アーティストです。
今やキムタクのほうが有名になっていますが、工藤静香さんもトップアイドルだったってご存知でしたか。
SMAPにも引けを取らない人気で、男性ファンだけでなく女性ファンも多い人気女性アイドルでした。
今回は昔はとっても可愛すぎて大人気だった工藤静香さんが頭角を現すまでの道のりについて迫っていきます。

工藤静香さんのプロフィール

工藤静香さんは、1970年4月14日生まれ東京都出身の女性歌手です。
最近はお子様であるCocomiさんやKokiさん、そしてキムタクのサポートを重点的にされているので、テレビなどで目立った活動はされていませんが、インスタは毎日のように投稿されており、芸能活動も歌を出したりなど活動をされています。
旦那さんであるキムタクは1972年11月生まれなので姉さん女房なんですよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

TAK🐾JUN(@captain1113crew)がシェアした投稿

50代突入されているのに、体型をキープされていてとてもきれいなお母さんですよね。

工藤静香さんがトップアイドルになるまでの歴史

工藤静香さんは1984年に開催されたミス・セブンティーンコンテストに出場されており、この時特別賞を受賞されました。
このコンテスト出身の清原和博さんの元奥さんであるモデル清原亜希さんたちとともにセブンティーンクラブというグループでレコードデビューされています。
後に1986年当時の人気番組であった「夕やけニャンニャン」にてオーディションを受けて合格し、おニャン子クラブ会員番号38番として活躍されることとなります。
そして、1987年にはおニャン子クラブからの派生ユニットとして知られたうしろゆびさされ組の代わりとして、3人アイドルユニットうしろ髪ひかれ隊が結成され、知名度をグンとアップさせていきました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jeryl Lu(@jeryllu)がシェアした投稿

こちらがうしろ髪ひかれ隊です。
左にいらっしゃるのが「キッズウォー」で有名な生稲晃子さんです。
生稲さんと工藤静香さんと斉藤満喜子さんで活動をされていました。
わずか1年ほどの活動期間でしたが、「時の河を超えて」や「ほらね春が来た」などヒット曲を生み出しました。
この頃の工藤さんはまだ17歳ですよ
大人っぽくないですか?
とにかく、3人の中でも歌声が際立って美しく、おニャン子クラブは素人っぽさの残る歌声が人気だったのですが、工藤静香さんの声はまだ10代であるのにもかかわらずどこか色気のある大人びた美声でこの時からすでに頭角を現していたと言っても過言ではありません。
実際にメンバーの中で一番人気が工藤さんでした。

ソロデビューでトップアイドルへの階段を駆け上がる

1987年にはおニャン子クラブたちが夕方のお茶の間をにぎわせた「夕やけニャンニャン」が終了してしまいます。
偶然にも「夕やけニャンニャン」最終回放映日である8月31日に「禁断のテレパシー」が発売されソロデビューを飾り、なんとソロデビューシングルながらオリコン1位を獲得したのです。
1980年後半から1990年代後半にわたって数々のヒット曲を生み出し、1988年には化粧品のCMソングとして起用されていた「MU・GOん…色っぽい」が「ザ・ベストテン」で1位を獲得し、幅広い世代にその名を知らしめることになります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

kudo_ryoji(@kudo_ryoji)がシェアした投稿

こちらは「黄砂に吹かれて」という楽曲で、中島みゆきさんに提供していただいてるんですよね。
歌声がミステリアスな感じで魅力的ではないですか?
19歳の歌声には聞こえません。
ビジュアルもこれで19歳ですよ、色っぽいですね。

ソロデビュー後の工藤静香さんが異常に可愛い!

1988年から1990年代の工藤静香さんの姿を知らない人は、ぜひご覧ください。

いかがですか?とっても可愛くないですか?
まだ10代後半、20代前半ですよ。
この色気はなんでしょう。
現代の20代前半でこんな色気のある女優さん、アイドルなんていません。
ちょうどCocomiさんが工藤静香さんのこの頃くらいの年齢ですが、色気が半端ないのがわかるでしょう。
この当時の工藤静香さんを見て、Cocomiさんのふとした姿にそっくりだと感じませんか。
Diorなどのポスターなどを見ると、Cocomiさんが工藤静香さんにそっくりだと感じることがあります。
工藤静香さんは、ビジュアルは色気があるんですが、とにかく話すとフニャフニャっとして可愛らしいイメージの女性でした。
特に10代後半くらいの工藤さんは、クシャっとした笑顔で眉毛がハの字になるのが、彼女のチャームポイントでもあったんです。
ちょっと仲の良い目上の芸能人の方にはタメ口混じりで話すんですが、そこがまたカッコいいと憧れを抱く女性も多かったです。
ビジュアルがちょっと派手めなことから、不良の方たちやトラックの運転手の方などから特に人気が高かったことでも知られています。
実際に本人もバイク好きを公言されていましたし、高校もさぼりがちだったようなのでビジュアルに加え、そのような雰囲気も魅力の一つだったのでしょう。
キムタク自身もこの頃の工藤静香さんが大好きで大ファンだったことでも有名です。
かつての恋人カオリンも工藤静香さんに似ているということでも話題でしたよね。
大ファンだった女性と結婚できたのですから、キムタクはとっても幸せ者なんです。
確かに歌唱力もあってこんなに可愛い女性なら好きになって当然です。

やはり昔の工藤静香さんはすごかった

工藤静香さんは現在も面影がありますが、年齢相応に年を重ねられており、美しさを保たれています。
ただ、1980年代後半から1990年代の絶頂期の工藤静香さんは現代のアイドルと比べものにならないくらい可愛かったんです。
現代のアイドルにいてもこの歌声とこの顔なら人気が出ちゃいそうですよね。
きっと工藤さんの見る目が変わったのではないでしょうか。
工藤静香さんの歌声はいまだに魅力的で、まったく声が変わりません。
新曲も随時リリースされていますので、ぜひ皆さんもかつてのトップアイドル工藤さんの歌を注目されてみてはいかがですか。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました