星野源が入院先として札幌禎心会病院を選んだ理由を調べたらすごかった。

くらし
スポンサーリンク

星野源さんといえば、結婚したい女優の1人・新垣結衣さんと2021年にご結婚されたことで大きな話題を呼びました。
2人の出会いとなったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」、そして主題歌の「恋」が大ヒットし一躍時の人となり、現在も大人気アーティストとして、時には俳優として注目を集めていますが、実は過去には壮絶な経験をしていることをご存知でしょうか。

くも膜下出血で2度も倒れ手術をしていた

星野源さんは2012年、初めてくも膜下出血で倒れてしまいます。
集中治療室に入った状態で3日間も動けない状態だったと言います。
しばらく休養後に復帰をされているのですが、くも膜下出血が再発してしまうのです。
通常、2回目のくも膜下出血は手術が難しいことでもよく知られていますが、見事に2013年9月に退院され、翌年2月にライブで完全復活をされました。
くも膜下出血はほとんどのケースで言語障害や麻痺など後遺症をもたらしやすいと言われているのですが、星野源さんはそういった後遺症もなく、リハビリだけで完全に復活されているのでまさに奇跡の人と言えるでしょう。

復帰ライブの際は、「これからも大丈夫って思ってもらいたくて」布施明さんをコラージュしたニセ明というキャラクターを生み出して、ライブを盛り上げていたそうです。
ユーモラスな星野源さんらしい方法で、ファンの方たちを安心させてくれていたんですね。

ニセ明とはこのサングラスの人物です。
今、ユニクロでもコラボされていてファンにとってニセ明Tシャツは宝物となっています。

星野源さんを救った入院先は札幌禎心会病院って本当?

星野源さんは東京で生活をしている方ですから、都内の病院で手術され入院されていたと思われていた方も多いことでしょう。
実は2回目の手術は、札幌市にある札幌禎心会病院で手術を受けられ、入院生活を送っていたと言われています。
どうして都内からわざわざ札幌の病院で手術を受けられたのでしょうか。

星野源さんの執刀医は高難度脳外科手術の名医

既述の通りですが、2回目のくも膜下出血の手術は大変難しい手術となります。
そこで、星野源さんは執刀医として高難度脳外科手術の名医として知られる上山博康医師にお願いされているのです。
2013年6月の再入院と手術で上山医師に執刀していただいています。
手術は大成功を収められ、今では再発もなく元気に活動をされているのです。
上山医師は、「匠の手を持つ脳外科医」とも称される人物ですから、星野源さんを完全復活まで持っていくことができたのでしょう。
実際に星野さん以外にもたくさんの手術に携われているようで、TRFのDJKOOさんもTV番組で見つかった脳動脈瘤を上山医師に執刀いただいています。
ちなみに、星野源さんは病院を笑福亭鶴瓶さんに紹介してもらったという旨をとある番組でお話されていたことがあります。
1回目は緊急搬送されて当日手術をされているので、おそらく2回目の再発の際の札幌禎心会病院ではないかと考えられますね。

なぜくも膜下出血になってしまうのか?その原因

くも膜下出血は、くも膜と言われる脳の表面にある膜と脳の間にある血管が切れることによって起こる出血になります。
くも膜下出血が起こるのは、およそ8割から9割という高い割合で、脳動脈瘤と呼ばれる脳にできるコブからの出血が原因と言われているのです。
脳動脈瘤自体は出血するまで無症状なことが多いために、そのまま気づかないで見過ごされている方も多いです。
ただし、次第にこれまでに経験したことのないような突然激しい頭痛に襲われることとなって倒れてしまい、急きょ病院に運ばれるというケースが多くなっています。
つまり、TV番組で偶然にも脳動脈瘤を見つけてもらうことができ、さらに名医である上山医師に執刀いただたDJ KOOさんは、非常にラッキーだったと言えるでしょう。

星野源のくも膜下出血は再発しないのか?

星野源さんが2012年にくも膜下出血を発症されて以来、2022年でようやく10年になります。
くも膜下出血は、再発する可能性が高い病気であり、10年の間に再発する可能性は70%にも及ぶそうです。
2013年に手術されて回復されてからは、再発の傾向はありませんが、まだ10年ですので予断を許さない状況ではあるのかもしれません。
しかし、星野源さんも芸能人の方ですから定期健診に出かけられているでしょうし、休養されることなくライブ活動など続けられているので、今のところ問題ないのでしょう。
新垣結衣さんという新しいパートナー、家族ができたのですから、ぜひもっと体を大切にしてほしいものですね。
もう二度と再発されないことを祈っています。

奇跡の生還を果たした星野源さんの活躍に期待

星野源さんは2度ものくも膜下出血から生還され、今も元気にアーティスト活動を中心として芸能活動に邁進されています。
苦しんだ過去、生死をさまようような過去があったからこそ、現在の穏やかで温かな星野源さんの歌が生み出されているのでしょう。
これからも大きく活躍される星野源を見守っていきましょう。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました