大谷翔平の筋肉トレーニングがすごすぎる!超一流の自己管理術を学べ!

スポーツ
スポンサーリンク

大谷翔平選手といえば2021年、最も世界で活躍した日本人と言えるでしょう。
従来野球はピッチャーはピッチャー、バッターはバッターとそれぞれの役割を一つずつ担うのが主流でした。
そんな中で大谷選手はピッチャーとバッター両方をこなす二刀流として規格外の活躍をしたのです。
一時期はメジャーで日本人がホームラン王を取るのでは、というほど活躍していた大谷選手ですが、そんな彼の成績を下支えしていたのが鍛え上げられた筋肉です。
これまで日本人は外国人に比べてパワーで劣るのでメジャーでは活躍しづらいという固定観念がありました。
それを跳ねのけるために大谷さんは日頃から筋肉トレーニングに勤しみ、抜群のパワーを手に入れたのです。

関連記事:大谷翔平の出身校は? 

大谷翔平選手のデッドリフトがすごい! 200kg以上を悠々と持ち上げる

今年の6月、大谷選手が自身のインスタグラムでアップロードして話題になった動画がありました。
それは大谷選手が225kgのデッドリフトを軽々と持ち上げていた動画だったのです。
トップアスリートがすさまじいパワーを見せつけた動画は全世界で拡散され、100万回以上のいいねを集めました。
もちろん、大谷選手以上の重量をデッドリフトで持ち上げられる人は世界でもたくさんいるでしょう。
しかしながら、この動画で注目していただきたいのは、大谷選手がベルトを巻かずバーベルを持ち上げているということです。
通常デッドリフトを行う際には、腰に力を入れるためにベルトを巻く人が少なくありません。
逆にベルトを巻かないと腰に負荷がかかってしまうためケガのリスクも少なくないのです。
そんな中で、大谷選手はベルトを巻かないで軽々と200kg以上のバーベルを持ち上げて見せたのです。
加えて、フォームもきれいなので、常日頃からデッドリフトを行っている証拠と言えるでしょう。

オフは筋肉を増やす期間! 大谷翔平選手はトレーニング熱がすごい!

大谷選手は2021年のメジャーリーグで最も活躍した選手に贈られるMVPを受賞しました。
普通ならそこで満足してオフはゆっくり休んで次のシーズンに備える、という選手も出てきそうです。
しかしながら、大谷選手はオフもトレーニングを欠かしません。
大谷選手は11月の中旬に日本にいったん帰国していますが、その後もジム通いを続けてトレーニングに勤しんでいるそうです。
15日には記者会見を行い、充実したシーズンの振り返りを行っていますが、その後すぐにジムにいってトレーニングをしました。
そもそも人間の筋肉は常にトレーニングを欠かさなければ維持できません。
シーズンを戦い抜いたから、1ヶ月くらい休んでもいいだろう、などと怠けていると、あっという間に筋肉は小さくなってしまうのです。
常に鍛錬を怠らない大谷選手の来シーズンの活躍に注目が集まります。

食事もトレーニングの一環? 大谷翔平選手はよく食べる!

そんな大谷選手も元からムキムキの筋肉を持っていたわけではありません。
高校時代は今よりも細く、現在100kg以上ある体重も85kgしかありませんでした。
大谷選手が現在の力強い体を手に入れたのはトレーニングのおかげでもありますが、それ以上に食事管理に気を遣っていたことも要因に挙げられます。
まず筋肉をつけるには何よりもたんぱく質を摂取しなくてはいけません。
一般的には自分の体重の数字と同じグラム数のたんぱく質を摂れば、1日分の食事としては問題ないとされています。
しかし、大谷選手ほどのアスリートにもなると、自分の体重の数字の2倍のグラム数のたんぱく質を摂らなければ筋肉は維持できません。
そのため、体重100kg以上の大谷選手ならば200g以上のたんぱく質を摂取しなければいけないのです。
これは、鳥の胸肉なら1kg近く取らなければいけない計算になります。
大谷選手は日本にいた頃から常にたんぱく質の摂取には気を遣っており、牛乳や卵、それからプロテインなどを欠かさず食べていたそうです。
そのほか、食事量も1日3食ではなく、1日6回から7回に増やして徹底的に栄養を取り込んでいました。

二刀流の秘訣は睡眠にあり? 大谷翔平選手は睡眠でも一流だった!

今日はバッターとして出場し、翌日はピッチャーとして出場する、というのは相当な負担がかかります。
二刀流で一シーズンを戦い抜くには、いかに疲労から回復できるかがカギになるでしょう。
そのために、大谷選手が常日頃から意識しているのが長時間睡眠を取ることです。
そもそも大谷選手は子どもの頃から決まった時間に睡眠を取っていました。
毎日夜の9時に眠って朝の7時に起きていたのです。
大谷選手の身長は193cmと日本人としては圧倒的な長身を誇りますが、その秘訣も睡眠にあるでしょう。
人間の身長や筋肉を成長させるホルモンは夜に眠ると活発に分泌されます。
子どもの頃からしっかりと眠っていたことで、身長や筋肉を成長させるためのホルモンを不足なく分泌していたことこそ現在の活躍につながっていると言えるでしょう。
大谷選手は現在も睡眠をしっかりと取る生活を続けており、夜は7時間、昼寝も4時間近く行うそうです。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました