高内春彦は年収700万も義理の父親にマウントとられ、あまりに不憫。。

芸能
スポンサーリンク

高内春彦さんは世界的ジャズギタリストとして有名な方です。その年収はジャズギタリストとしては”一流”の700万円とも‥


同じく世界的ギタリストである渡辺香津美さんに師事したのち、アメリカにわたってソロデビューしました。
現在でも海外に拠点を置きながら数々のミュージシャンとともにセッションを重ねています。

スポンサーリンク

高内春彦が松坂慶子と結婚したのはいつ?

日本人の中では高内さんを松坂慶子さんの夫として認識している方も多いのではないでしょうか。
高内さんと松坂さんが結婚したのは1991年のときのことでした。
高内さんは当時37歳、松坂さんは当時39歳でしたが、知名度の差は歴然としていたのです。
大女優として知られていた松坂さんに対して、高内さんは日本では名前が知られていませんでした。
それゆえ格差婚などと騒がれたうえに、松坂さんの家族からは反対にも遭ってしまったのです。

高内春彦と松坂慶子の結婚は反対されていた?

特にこの結婚に反対していたのは松坂さんの父である松坂英明さんでした。
当時松坂さんに比べて収入の少なかった高内さんに対して、英明さんは娘の財産目当てに結婚したのだろう、と不信感を抱いたのです。
また、松坂さんが高内さんとの交際を秘密にしていたことも英明さんの逆鱗に触れることでした。
結局英明さんは最後まで結婚に反対し続けたので、松坂さんはやむなく親と絶縁することを宣言したのです。

高内春彦と松坂慶子の結婚生活は順調?

親の反対に遭った結果日本から離れざるを得なくなった2人ですが、結婚生活は極めて順調でした。
式を挙げた後、2人はニューヨークに在住することとなります。
松坂さんは結婚後すぐに2人の娘を出産しました。
結婚の際の騒動を知っていた芸能関係者は松坂さんに対して同情的でした。
特に緒形拳さんは松坂さんのことを気にかけていた俳優の一人です。
長女が生まれた際に、緒方さんは松坂さんに向けて直筆のFAXを送りました。
一方で、高内さんは92年に初めてのアルバムをリリースします。
これによってようやく格差を縮めることができた高内さんは、心置きなくギタリストとしての活動を本格化していきました。
セッション相手となるミュージシャンも有名な人が増えていきます。
ウェイン・ショーターやダニー・ゴットリーブなどは、ジャズファンなら一度は聞いたことがある名前ではないでしょうか。
2001年にニューヨークで同時多発テロが起こったため、一旦ニューヨークから離れざるを得なくなった高内夫妻ですが、以降は日本とアメリカを交互に行き来しながら生活しているそうです。

高内春彦と義理の父親の関係はどうなった?

一方で、最悪の関係のまま別れてしまった松坂さんの親とはその後どうなったのでしょうか。

結論からいうと、義理の父親とは結局和解できませんでした。
1993年に英明さんは妻つね子さんとの連名で、「娘・松坂慶子への『遺言』」という本を出版します。
そこにはいかに自分が苦労して娘を育て上げたか、ということが書かれていました。
松坂さんと和解することはやぶさかではなかったようですが、一方で高内さんのことは最後まで許せなかったようです。
その証拠に、自分が持っている土地は娘には相続させても高内さんには相続させない、という登記手続きまでしてしまいました。
結局、高内さんが松坂さんの実家を訪れることはないまま、2007年に英明さんは85歳でこの世を去ったのです。

高内春彦の義理の母親とは和解した?

2007年に義理の父親が亡くなったことで、高内さんに転機が訪れます。
というのも、英明さんに比べて義理の母親であるつね子さんはどちらかというと高内さんに融和的でした。
加えて、すでに90歳近くになっていたつね子さんは、娘や孫と暮らせないまま自分も夫同様にあの世に行ってしまうのではないか、と不安になったのでしょう。
さらに2012年になるとつね子さんは認知症を患います。
結局高内さんを許すことにし、2012年に松坂さんとともに同居することを決心したのでした。
以降松坂さんは女優の仕事をしつつ、つね子さんの介護をすることとなります。
また、高内さんも義理の母親の介護に献身的でした。
松坂さんが仕事があるときは高内さんが介護を、高内さんが仕事があるときは松坂さんが介護を、という風にローテーションしながら母親を世話していくこととなります。
また、成長した2人の娘が介護を手伝うこともありました。
家族の懸命な介護を受けた結果、つね子さんは99歳まで生き続けることとなります。
そして2021年の春に亡くなったのでした。

高内春彦の現在は?

母親の介護を終えた夫妻ですが、現在はどうしているのでしょうか。
実は2人とも新型コロナの関係で芸能活動を本格化させることができていません。
松坂さんも予定していたドラマの撮影などが中止になったこともありましたし、高内さんもライブ活動が思うようにできていないのです。
一方で、不幸中の幸いというべきか、その分家族の時間が増えたと松坂さんは語っています。
今後もお2人の活躍を祈りましょう。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました