伊藤沙莉が韓国人ハーフを認めた時のファンの反応がおもしろい!

芸能
スポンサーリンク

子役時代から活躍され、天海祐希さん主演の「女王の教室」で安定感ある演技力で視聴者を注目させた今をときめく女優・伊藤沙莉さん。
ハスキーボイスが特徴で、周りに媚びないところが女性からも支持を集めています。
とにかく演技力は抜群で、若きバイプレイヤー女優と言っても過言ではありません。
CMにドラマに引っ張りだこで、今では歌手にまで挑戦されていますが、彼女が韓国人ハーフなんてウワサがあったことをご存知でしたか。
今回は本人がそれを認めた時の反応や事実について紹介していきます。

伊藤沙莉さんが韓国人ハーフと認めた!?

伊藤沙莉さんが韓国人ハーフなのではないか?!というウワサがまことしやかにささやかれていたのですが、ご存知でしょうか。
実は彼女、韓国人ハーフであることをTwitter上で認めていたのです。
そこでネット上でウワサがささやかれるようになっていたのですね。
さらにそのうえ、インスタの中でも韓国人ハーフを表すヒントとなる写真が残されていました。
日本語は流暢ですし、韓国人にはまったく見えませんが実はハーフなんだそうです。

このように「韓国人ハーフなのですね」というある方のツイートに、「うっっっっっっっすらですよww」と笑いながら返信して認めていらっしゃいます。
上記の返信Twitterは、ツイート内容を見てみてみるとおそらく本物の伊藤沙莉さんですので、本当にうっすらではあるものの韓国人が混ざっていることは間違いないのでしょう。
韓国人ハーフなのですね、の返信にうっすらの返答なので、ひょっとすると韓国人ハーフではなく、クォーターの可能性も考えられます。

伊藤沙莉さんの家族構成

伊藤沙莉さんは、お母さんが日本人なのですが、お父さんが韓国人の方ではないかとウワサがあります。
そのため、韓国人ハーフ、もしくはクォーターなのでしょう。
ちなみに、伊藤沙莉さんのお父さんはかなりの大酒飲みでトラブルの多い方だったようですね。
お父さんが経営する会社が倒産して、両親は離婚されているようです。
当時は家がなかったので兄姉は友人の家に、沙莉さんは叔母の家に、お母さんは軽トラックに住むという壮絶な生活を送っていたそうです。
まだ若いのに苦労されていた過去がありますが、沙莉さんだけでなく、お兄さんもオズワルドというコンビで芸人としてお茶の間で大活躍されています。

伊藤沙莉さんに似ても似つかない雰囲気ですが、ひげを剃ったら以外と似ているのかもしれませんね。

伊藤沙莉さんのインスタにハングル文字??

実はもう一つ、韓国人の血が混ざっているのでは?という疑惑に応えるように以下のようなインスタを2017年のクリスマスイブに投稿しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

伊藤沙莉(@itosairi)がシェアした投稿

犬小屋、なんだかおかしいと感じませんでしたか。
そうです、犬小屋の名前のところにハングル文字らしき文字が!
この年のクリスマスイブは家族と過ごされたのでしょうか。
どうやら伊藤沙莉さんの家族はとても仲良し家族のようですね。
沙莉さんは芸人である兄とも一緒に共演することもあるくらいです。
普通であれば犬小屋に日本語や英語でない文字はわざわざ書きません。
ハングル文字を書いているということはよほどの韓国好き?!
いいえ、韓国人ハーフなのでしょうね。
ちなみに、こちらの犬小屋に書かれているハングル文字、ラロと言うそうです。
伊藤家の愛犬の名前は「ラロ」ちゃんなのですね。

伊藤沙莉さんが韓国人ハーフということについてのファンの反応

伊藤沙莉さんがハーフだということはファンの中では有名な話となったようです。
ファンの反応はいかに?

国籍なんて関係ない!
ファンなら誰でもそうですよね。
日本人じゃなくても魅力的な沙莉さんは沙莉さんです。
しかも、うっすらなんてほぼ日本人ではないでしょうか?
お兄さんのクズ感はネタかもしれないですしね。
どんなお兄さんでも、沙莉さんのお兄さんですからきっと素敵な方でしょう。

こちらの方は、まさかの令和初日に伊藤沙莉さんがハーフだと知ったということですね。
それはびっくりしたことでしょう。
当然です。
みんなびっくりしましたよ。

伊藤沙莉さんは韓国語は話せない?

伊藤沙莉さん、韓国人がうっすら入っていることは認めています。
では、韓国語は話せないそうで、言ったこともないらしいです!
驚きですね。
片親がそうなのであれば少しくらい話せそうですが、本人もきっぱり話せないとお話しされています。
犬小屋だけはなぜかハングル文字でしたが、これは家族が書いたものなのかもしれないですね。

これからの活躍にさらに注目

とても意外なお話でしたが、伊藤沙莉さんは純日本人ではなく、韓国の血が混ざっていることが判明しました。
でも日本語しか話せないのですから日本人と言ってもおかしなことではありませんね。
これからもさまざまなジャンルに挑戦する日本を代表するような女優さんに成長されていくことを楽しみにしていましょう。
子役からこんなに大成されている女優さんも珍しいことなので、ぜひ注目していきたいですね。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました