朝ドラヒロイン福原遥の高校時代が気になる!大学進学しなかった理由は?

芸能
スポンサーリンク

福原遥さんといえば、2022年下期の朝ドラ「舞いあがれ」のヒロインに抜擢され、NHKの歌番組の司会も務めるなど、NHKの顔として活躍中です。
その少し前にはNHKの夜ドラ「正直不動産」にも出演されていました。
NHKの朝ドラのヒロインが発表される直前まで、フジテレビの「もしもツアーズ」にガイド役としてレギュラー出演されていましたし、最近は歌手としても実力を発揮されるなど、多彩な能力の持ち主です。
視聴者の方の中には、朝ドラをきっかけに福原遥さんを知った方もいるかもしれません。

ですが、多くの方は、子役時代からの活躍ぶりもご存知ではないでしょうか。
当時から変わらぬ可愛さで、今も面影が残っているので、子供の成長を喜ぶ親のような気持ちで、今の活躍ぶりを嬉しく思っている人も多いはずです。
NHKのEテレで、10歳の時から「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! まいんの歌のレシピ」に出演し、大きな注目を集めました。
子供と一緒に番組を見ていたパパたちを魅了し、おやじたちのアイドルなどと人気を集めたものです。
その後も、ティーンの憧れの的である「ピチレモン」の専属モデルとして活躍することや「烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS」のレディー役として、幅広く活動していました。

スポンサーリンク

高校進学と大学のこと

高校卒業後の春から「もしもツアーズ」でレギュラー出演することやこれまでは子役や脇役、1話のみの出演であったのが、「声ガール!」や「グッドモーニング・コール our campus days」で主演を務めるなど、怒涛の活躍をしています。
子役時代の活躍ぶりや高校卒業後の活躍ぶりを見ると、大学に進学して大学生をやっている暇はないだろうと思えます。

そのため、大学進学をしなくてもなんら不思議はないと思えるのですが、世の中の声として、「なんで大学に行かなかったの?」という疑問の声もあるようです。
その理由としては、子役時代から教育テレビで一人前の演技を見せ、頭が良さそうに思えることが挙げられます。
もう1つの理由として、中学卒業までの活躍ぶりに比べると、やや仕事をセーブ気味に思え、大学受験を目指して、しっかり勉強しているのではというイメージを持たれた方もいるのかもしれません。
ですが、高校卒業後の仕事の入り方をみるに、卒業後は大学との二足の草鞋ではなく、仕事に集中したいと考えていたのかもしれません。
ちなみに、中学卒業をするタイミングで出演した2014年3月23日開催の「春のピチパSPin東京!」で、福原遥さんはこんな風に、4月からの高校生活について思いを馳せています。
「普通の勉強以外に、英会話の教室に行きたい。」、「調理師免許も取りたいので、その勉強も頑張りたい。」と語っています。
高校の勉強に英会話、調理師免許の取得など、学びたい意欲が満々です。
ちなみに、この当時、福原遥さんの中学卒業を記念した本人オリジナル制作のマグカップや制服姿の写真が入ったマグカップが限定販売されるなど、すごい人気ぶりでした。
そんな人気絶頂の彼女が高校に入学して、どのような生活を送っていたのでしょうか。

福原遥さんの気になる高校生活

進学した高校は、都内にある日出高校(現・目黒日本大学高等学校)ではないかと言われています。
日出高校は芸能コースがあり、目黒駅すぐの場所で芸能事務所から近く、授業の前後にも都内での仕事に行きやすいので、多くの女性芸能人が通っている高校の一つです。
過去にはあの山口百恵さんや原田知世さんをはじめ、仲間由紀恵さんや上野樹里さん、新垣結衣さんなど名だたる人気女優さんも通っていました。
そんな芸能人への理解もある高校に在籍していたであろう福原遥さんですが、どんな高校生活を送っていたのでしょうか。
その内容は、彼女の高校卒業をお祝いするために2017年3月4日に開催されたファンイベント「福はるvol.3」で明らかにされました。

イベントで明かされた高校生活

イベントには福原遥さんが制服姿で登場し、高校生活についてこんな風に話しています。
「学校よりもお仕事で青春していた」と言います。
烈車戦隊トッキュウジャーのシリーズをはじめ、写真集の撮影や卒業後すぐに公開された映画の撮影など、いろいろと忙しかったのでしょうね。
むしろ、中学時代のほうが学生生活は充実していて、吹奏楽部でクラリネットを吹き、コンクールに向けて毎日朝練して、土日も練習に励む時間が取れたそうです。
もっとも、忙しい高校生活の中でも、お友達はちゃんとできたようで、「友達とディズニーランドに行く約束をしているので、高校の制服を着てディズニーランドに行きたい」なんて可愛らしい夢も語っていました。

高校生活で一番印象に残っている思い出を問われ、「調理実習でティラミスを作ったこと」と話しています。
ティラミス、似合いすぎです。
高校3年間で成長した点については、 「小さなことで落ち込んだり、悩まなくなり、精神的に強くなった」と話していました。
ご自身の声が好きではなかったそうですが、高校時代に声優の仕事にも抜擢されたことで、自分の声も好きになれたとか。
そんな福原遥さんは、その後たくさんの歌を披露してファンを楽しませました。
イベントの最後には、スケジュールの都合で高校の卒業式に出られないという福原遥さんのために、ファンが一斉に「卒業おめでとう!」と声を掛け、フラワーシャワーがサプライズされたのです。
思わぬお祝いに感極まる福原遥さんでしたが、高校卒業後の進路を問われ、「仕事一本」と明言しました。
「女優や声優、歌などいろいろなことに挑戦して、大きく大きく成長した姿を見ていただきたいと思っている。」とファンに約束していたのです。
やはり、福原遥さんが大学に進学しなかった理由は、タレントの仕事に邁進したかったからなのですね。

高校卒業式の日

福原遥さんが、本来なら高校の卒業式に出席するはずだった日には、彼女が自分の声に自信を持てたという声優を務めたアニメ映画「プリキュアドリームスターズ!」の初日舞台挨拶と重なっていました。
舞台挨拶の場で福原遥さんは、「私事ですが、今日が、高校の卒業式ですが、ここに来ちゃいました。」と話をしています。
そして、卒業式に出られない福原遥さんを想い、声優仲間が卒業式をしてくれたと言います。
テレビ朝日系アニメ「キラキラ☆プリキュアアラモード」のアフレコを録る際に、プリキュアを演じるメンバーたちが、卒業証書授与をしてくれていたようです。
高校の卒業式にも出られないのですから、どんなに忙しいのかがわかるエピソードです。

舞台挨拶では卒業式の羽織・袴を連想させるような、あでやかな着物姿で出演された福原遥さんでしたが、新たな門出に、プロとしての意識を強くした瞬間な気がします。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました