野茂英雄の嫁は?現在は太った?年俸の推移は?


日本人のメジャーリーグへの道を切り開いた「トルネード投法」の野茂英雄さん。日本人メジャーリーガーのパイオニアとして活躍し、野球に興味がない人でもその名前は知っていると思います。

寡黙な人として知られ、そのプライベートはあまり語られず世間に知られていませんよね‥

そんな野茂さんの嫁さんや、「太った」といわれる現在の状況、気になる今までの年俸の推移などまとめてみました。

野茂英雄のプロフィール

 

本名: 野茂 英雄(のも ひでお)
出身地: 大阪府大阪市港区
生年月日: 1968年8月31日
身長: 約 188 cm
体重: 約99.8 kg

選手情報
投球・打席: 右投右打
ポジション: 投手
プロ入り: 1989年 ドラフト1位
初出場: NPB / 1990年4月10日、MLB / 1995年5月2日
最終出場: NPB / 1994年8月24日、MLB / 2008年4月18日

「トルネード投法」といわれる独特なフォームで150㌔ちかい速球と鋭く落ちるフォークボールで三振を量産し、メジャーでは「ドクターK」の愛称でも呼ばれていました。

野茂英雄さんは1995年に近鉄バファローズからロサンゼルス・ドジャースに移籍し、日本人メジャーリーガーのパイオニアとして有名ですよね。現在では多くの日本人選手がメジャーリーグで活躍するようになりましたが、その陰には野茂選手の功績がかなり大きいといわれていますよね!

日本球界を引退してまでメジャーリーグに挑戦し、数々の功績を残してきた野茂さん。

現在の若い選手が、一流選手とアメリカで認められたうえでメジャーリーグに挑戦できるのは野茂さんの活躍があってこそですよね!

野茂英雄の嫁は?

野茂さんは1991年、近鉄バファローズ入団2年目に森本紀久子さんと結婚しました。

 

野茂英雄さんが新日本製鐵堺で社会人野球をしていた時代に、相手チームのチアガールをしていた森本紀久子さんに一目惚れして猛アタックの末に結婚したそうです。

表舞台ではあまりみかけませんが、野茂さんの偉業達成の裏には妻、紀久子さんの支えがあってこそではないでしょうか。

二人の間には現在、二人の息子さんがいるようです。

野茂英雄が現在は太った?

2018年、「名球会ベースボールフェスティバル2018 セ・パ対抗試合」がおこなわれました。日本プロ野球界のレジェンド達の大会において、久しぶりに登場したのが野茂英雄さんでした。

現役時代の野茂さんのすごさを知っている人なら随分変わってしまったなぁ‥とビックリですよね。(笑)

 

登板後のインタビューで「ストライクが入って良かった」と語っていた野茂氏は、ホッとした表情で黒田氏とのメジャーリーガー対決について「楽しくやれました」と嬉しそうにしたようです。

体型は変わってしまったものの代名詞「トルネード投法」は健在ですね、やはりオーラがちがいます!

試合前に行われた野球教室では子供達に熱心に指導し「子どもたちがどこかで野球に触れて、そこからファンになって、将来のプロ野球選手が生まれてくれればと思います」とコメントしたようです。

久しぶりの登場でふっくらした体型に会場も沸いたようですが、日本の野球界のことを大切に考えてくれていますよね。

体型は変わってしまっても野茂さんの偉業、功績は色あせるものではないですね。

野茂英雄の年俸の推移は?

近鉄バファローズ時代

年度(年齢) 推定年俸 勝敗

’90 (22)  1,200万円  18勝 8負
’91 (23)  3,600万円  17勝 11負
’92 (24)  6,600万円  18勝 8負
’93 (25)  1億1600万円  17勝 12負
’94 (26)  1億4000万円  8勝 7負

メジャーリーグ時代

年度(年齢) 推定年俸 勝敗

ロサンゼルス・ドジャース
’95 (27)         1,000万円         13勝 6負
’96 (28)          6,000万円        16勝 11負
’97 (29)          9,000万円         14勝 12負
ニューヨーク・メッツ
’98 (30)     2億8000万円          6勝 12負
ミルウォーキー・ブルワーズ
’99 (31)            2,500万円        12勝 8負
デトロイト・タイガース
’00 (32)               1億円               8勝 12負
ボストン・レッドソックス
’01 (33)       4億5000万円       13勝 10負
ロサンゼルス・ドジャース
’02 (34)        4億5000万円          16勝 6負
’03 (35)        7億7500万円        16勝 13負
’04 (36)        9億円               4勝 11負
タンパベイ・デビルレイズ
’05 (37)          8,000万円             5勝 8負

やはり日本で結果を残していたとはいえ、現在のメジャー挑戦とは違い初年度から2,3年は年俸が低くなっていますよね‥

最高年俸、9億円は現在の日本人メジャーリーガーと比べて高いか安いかは意見の分かれるところですが野茂さんの残した実績と功績を考えればメジャー挑戦は大成功だったと思えますね。

まとめ

日本のプロ野球を引退してまでメジャーに挑戦し、現在の日本人選手のメジャー移籍の道筋を作ってくれた「レジェンド」野茂英雄さん。今後もその活躍に注目して応援していきたいですね!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.
タイトルとURLをコピーしました